Product Visual

しっかり眠って1日元気に!ぐっすり快眠の教科書

安眠するための食事・運動・環境について紹介

寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまう、寝ても疲れが取れない等、眠りの悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。
そのまま朝を迎えると、寝不足で翌日の生産性が落ちたり、何日も続くと免疫力が低下して体調不良にもなりかねません。
そこで今回は、良い睡眠のカギを握る、睡眠の環境についてご紹介します。

寝る前のドカ食いは禁物!

快眠のためには、寝る直前の食事は極力避け、2~3時間前までには済ませるのが理想です。
忙しくて出来ないよ!という方は、食事を2回に分けるのがオススメです。
夕方に軽食を摂り、夜にヨーグルトやバナナなど消化の良い物を食べるのがグッド。
また深夜に帰宅し、直ぐに寝るような場合には、ホットミルクやハーブティーなど、温かい飲み物でほっと一息。
空腹感も和らぎ、安眠に近づきます。

ストレッチは深い眠りに効果的!

人は眠りに入るとき、手足から放熱し深部体温が下がることから、睡眠前のストレッチは安眠効果が期待できます。
筋肉を緩めることで血流がよくなり、副交感神経が優位になることから、自然な眠気に繋がります。
ハードな運動やストレッチは逆効果になるので、ゆっくりのんびり、自分のペースでのストレッチがポイントです。

安眠へといざなう寝具

おさえるべき基本の寝具は、枕、敷き布団、掛け布団の3点です。
枕は自分に合った高さのものを選ぶことが大切ですが、頭部から頸部をしっかりと支え、左右に寝返りをうっても問題のない大きさのものを選ぶことが大切です。
自分に適した枕を選ぶことで、睡眠時の無呼吸症候群のリスクを軽減できるとも言われています。
また敷き布団は、寝姿勢を保持し、寝返りの打ちやすい硬さであることがポイントです。
寝返りは、日中の活動でひずんだ背骨を矯正する役割も果たすので、適度なクッション性が大切です。
また睡眠中の布団の中の理想温度は、通年通して33℃ ±1℃、湿度が50% ± 5% と言われています。季節や室温に応じて掛け布団の種類や素材を変え、理想の温度と温度を保てるよう調節することが大切です。

オススメの寝具はこちら!

トップアスリートも愛用「airweave」の 寝具

どんな向きでも理想の高さ エアウィーヴ ピロー

①寝心地を追求した「かたさ」と「やわらかさ」を1つの枕で同時に体感
「かたさ」と「やわらかさ」。その両方を同時に体感できる枕がエアウィーヴ S-LINEです。
中素材airfiberの密度を部分的に変え、ピローの両サイドを中央に比べて硬く調整しました。枕の表面に凸凹をつけるのではなく、airfiberの中で硬さを連続的に変化させているので、なめらかに寝返りを打つことができます。眠る人の動きに合わせてスムーズに頭を支えることが可能です。

②よこ向き寝に理想的な高さ。もちろん仰向き寝も。
エアウィーヴ S-LINEは仰向き寝だけでなく、寝姿勢の中で最も多いといわれる横向き寝の際に理想的な高さで頭と顎を支えます。寝心地を改善させ、朝をすっきり迎えるサポートをします。

③大きめサイズでゆったりと安心して眠れます
S-LINEは従来のエアウィーヴピローより大きめに作られています。ピローから頭がずれにくく、朝までゆったり眠れます。また、エアウィーヴは水洗いが可能ですので、いつまでも清潔な環境で安心してお休みいただけます。

最高品質の眠りを実現する「airweave」のマットレス(シングル・ダブル)

①眠る上で大事な寝返りをサポートできる
動きたい方向へ身体を押し上げてくれるような感覚で、寝返りによる身体への負荷を軽減します。

②独自素材「airfiber」が体圧を分散させ快適な睡眠を促す
三次元状に絡み合ったairfiberが、あらゆる方向から身体を支え、体圧を均等に分散させます。これにより正しい就寝姿勢を保ち、疲れを効率的に取ることができるのです。

③通気性が良く、保温効果も高いairfiberは「夏蒸れず・冬暖かい」を実現しています
さらにカバーも表と裏で寒/暖用となっており、四季を通じて快適にお使いいただけます。

いかがでしたか?
寝苦しい季節が来る前に、布団の衣替えをしてみてはいかがでしょうか?
FiNCモールでは、プロにも支持される寝具をご用意しております。