第一印象UPに。自宅で手軽にホワイトニング

女優やモデルのような、輝く笑顔と真っ白な歯には誰しも憧れますよね。 今回は、黄ばみの原因となる着色汚れと、日頃から手軽にできる対策についてご紹介していきます。また自宅で簡単にできる、ホワイトニングケアのアイテムをご紹介!笑顔に自信が持てる、真っ白な歯を手に入れましょう!

ふと鏡を見たときに、歯の黄ばみが気になったことはありませんか?
いつも、きらりと輝く笑顔でいたいですよね。
積み重ねでついた歯の黄ばみは、日ごろの歯磨きだけでは落ちにくいもの。
でも歯医者へ通う時間もないし・・・。という忙しいあなたの為に、自宅で気軽にできるホワイトニングをご紹介します!

そもそも着色汚れの原因は?


歯の着色は、食べ物や飲み物、生活習慣による色素(ステイン)の付着に起因するものが大半です。
ステインの原因になりやすいものとして、コーヒーやお茶の他、ポリフェノールを多く含む赤ワインやチョコレート、タバコなどが知られていますが、一見意外に思えるバナナや大豆製品にも、ステインの原因になりやすい物質が含まれているんですよ!

ステインを付着させないために!日頃からできること


本来、歯の表面はつるつると滑沢です。
滑沢なことで歯の表面に細菌がつかないようになっており、清潔な状態が保てるようになっています。
この滑沢な状態を保ち、ステインを付着させないためのポイントは2つあります。
①歯の表面を傷つけない
歯の表面を研磨剤を含む歯磨き剤などで強く磨いてしまうと、細かな傷がつき、その細かな傷に細菌や汚れがつきやすくなり、結果としてステインの沈着に繋がってしまいます。
歯を磨く際は、やさしく磨くことが大切です。
②食後の歯磨き
飲食の後には、歯磨き、うがい、口をゆすぐことを習慣にしましょう!
歯を磨く時間がないときには、水を飲んだりガムを噛むことも効果的です。
ガムを噛むことで唾液の分泌を促進するので、程度は落ちますが効果が期待できます。

それでもついてしまったら!自宅で気軽にホワイトニング

①歯の汚れ消しゴム(スポンジやペンタイプも)

ポリリン キューブホワイト
1)自宅でホワイトニングケアができるポリリンキューブ
歯のお手入れ用に特殊加工された「メラミンフォーム」というスポンジにポリリン酸を含ませてあり、水も必要ないのでこするだけの歯の汚れ消しゴム。
1つずつ包装されているため持ち運びやすいので、外出中のいざというときの緊急用にも手軽に持ち運びしていただくことができます。
2)ポリリン酸によるホワイトニング
ホワイトニングでカギとなるのが現在注目を集めているポリリン酸。
歯石の歯への沈着を防ぐ働きがあり、漂白効果が期待されている成分です。
3)次世代ホワイトニング
最先端のホワイトニングケアです。使い方はとても簡単!
【1】袋からスポンジを取り出し、歯の表面と裏面をよく磨いてください。
【2】ポリリンの力で浮かせたステインを、きめ細かなスポンジが絡め取ります。
【3】ポリリンコーティングにより、ステインの再付着を防ぎます。
いつでも、どこでも、だれでも試すことができる次世代ホワイトニング。気軽にお試ししたい方に画期的な商品です。

②ホームホワイトニング

マウスピースと薬剤を使い、自宅で簡単にホワイトニングができるというものです。

ホワイトニング専門店が考案したスパークリングイレーサーは、ホワイトニング実店舗のノウハウを最大限生かした商品です。LEDライト照射と炭酸成分を含んだ専用ジェルが反応を起こし、歯を漂白。その後、バイブレーション機能でブラッシングします。そのため、痛みを感じることなく、安全な手法で手軽にホワイトニングができます。※使用後に食事制限をする必要もありません!

自宅で簡単!10分ホワイトニング 専用ジェルを塗布したマウスピースを本体機器に装着すれば、後は口でくわえて10分間照射するだけ。自宅で好きな時間に、好きなことをしながらホワイトニングができます。まずは1日1回10分を1週間続けて、その効果を実感してみてください。

③美白用歯磨き剤を使用する

ポリリン酸による次世代ホワイトニング

薬用ポリリンジェル
1)歯の汚れを落とすだけではない
薬用ポリリンジェルWXは発泡剤・研磨剤無配合の薬用歯磨きジェルです。ポリリン酸で歯への汚れの付着を防ぐだけでなく、むし歯や歯周病を予防し、気になる口臭も防ぎます。さらに清掃剤としてヒドロキシアパタイトを配合しています。
2)ヒドロキシアパタイトとは
ヒドロキシアパタイトはリン酸カルシウムの一種で、歯と骨の主成分です。
ヒドロキシアパタイトは、う蝕予防に対し高い効果を有しています。
3)予防の最先端「ポリリン酸」
注目すべきなのがポリリン酸。歯石の歯への沈着を防ぐ働きがあり、漂白効果が期待されています。

いかがでしたか?
日頃から食後の歯磨きやうがいを習慣化することが大切ですが、ついてしまったステインには、早めのケアが大切です。是非自分に合ったアイテムを選んでみてくださいね!