毎日の油で手に入れる!おいしくキレイに健康になろう!

話題のMCTオイルやココナッツオイルから、調理油まで種類と特徴の紹介

ココナッツオイルやエゴマ油など、近年「油」の健康効果が注目を集めていますが、それぞれどんな効果が期待されているか知っていますか?
なんとなく使ってはいるけど、実際のところ良く知らない。
なんて方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんな身近な油の種類を特徴とともにご紹介します。

そもそも油って?


ダイエット中やカロリーが気になる方は、油を摂り過ぎないよう日ごろから意識していると思いますが、油はヒトが生きていくうえで欠かせないエネルギー源となっています。油が不足すると、お肌の乾燥や皮膚炎の原因にもなってしまうんです。適度な油の摂取は、健康な生活を送るために欠かせないんですね。
それでは、どんな油があるのか、特徴とともに見ていきましょう!

油の健康効果って?

油の健康効果でよく耳にするのが「オメガ脂肪酸」という言葉。
油の主成分は脂肪酸ですが、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に大別されます。
そもそも油は、さまざまな種類の「脂肪酸」がブレンドされてできており、どの種類の脂肪酸が多いかで区分されているのです。

ココナッツオイル(飽和脂肪酸)


中鎖脂肪酸を多く含み、消化吸収のスピードが早いため体脂肪になりにくい!とダイエット中の方にも高く支持を得ているオイルで、免疫力を高める作用もあります。
酸化しにくく、トランス脂肪酸を含まない点も、健康オイルとされる所以です。
※摂取し過ぎには注意が必要!

MCTオイル(飽和脂肪酸)

中鎖脂肪酸だけを取り出した食用油で、消化吸収が早く、短時間でエネルギーとなるため脂肪になりにくいとダイエットにも人気のオイルです。

エゴマ油 & アマニ油(不飽和脂肪酸・オメガ3)

必須脂肪酸であるオメガ3系脂肪酸を多く含み、血管をしなやかにして動脈硬化を防ぐなど、生活習慣病を予防する働きがあるとして高い注目を浴びているオイルです。
青魚に多く含まれる脂肪酸で、魚の摂取量が減少した日本人にとって、健康の鍵を握る最も重要な脂肪酸を含む油です。
<注意点>
酸化しやすく熱に弱いため、生食向けです。
開封後は冷蔵庫で保管し、出来るだけ早く使い切ることが大切です。(目安1ヶ月)

サラダ油(不飽和脂肪酸・オメガ6)

サラダ油は、必須脂肪酸であるオメガ6系を多く含み、身体の機能を調整する働きがあります。体内で作ることのできない脂肪酸ですが、現代の外食や加工食品の多い食生活では、知らず知らず過剰摂取となっており、アレルギー疾患や動脈硬化が懸念されています。

ごま油(不飽和脂肪酸・オメガ6)

近年、ごま油に含まれるセサミンの健康効果が注目を集めています。
セサミンには、肝臓を守り、機能を高める効果があることが分かっており、アルコールが分解される途中でつくられる毒素・アセトアルデヒドの生成もおさえるので、二日酔いを防ぐ効果があるともされています。
※ごま油も、サラダ油同様オメガ6系脂肪酸を多く含む油です

必須脂肪酸のオメガ6とオメガ3は、体内で対抗するように働くため、摂取するバランスが非常に重要です。現代の食生活では、オメガ6系に摂取が偏っている為、意識的にオメガ3系の油を取り入れるよう心掛けましょう!

オリーブオイル(不飽和脂肪酸・オメガ9)


オリーブオイルは、手軽に手に入る非常にメジャーな健康オイルです。
オレイン酸の含有量が極めて豊富で、血中の悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防することが知られています。また豊富に含まれるビタミンEには強い抗酸化作用があり、美容効果や便通改善の効果も期待されています。オリーブオイルは熱に強く酸化しにくいため、大変扱いやすい健康オイルです。

菜種油(不飽和脂肪酸・オメガ9)

菜種油はオレイン酸の含有量が豊富なため、酸化しにくく保存性に優れた油です。
どんな料理にも使える万能性が魅力ですが、菜種油に含まれるオレイン酸は、血中の悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防することで知られています。また豊富に含まれるビタミンEには強い抗酸化作用があり、美容効果や便通改善の効果も期待されています。

油によって安定性や食性が異なります。
自分の生活に合った油を正しく取り入れて、美味しく健康な毎日を目指しましょう!