表情筋を鍛える PAO フェイシャルフィットネス パオ FACIAL FITNESS PAO

  • ¥12,800 (税込 ¥13,824 )
    ギフトラッピング対象商品 ?

カスタマーレビュー

評価 4.0 (4件)
投稿日 2018/12/15

使用後にマウスピースを洗うのが少し手間がかかりますが、口周りの筋肉が使われている気がするので、使い続けてみようと思います。

投稿日 2018/12/17

本日届きました‼️思っていたより大きくて… 効果期待して早速始めます🎵

老け顔の原因のひとつに、顔の筋肉の衰えがあります

老け顔の原因のひとつに、顔の筋肉の衰えがあります

ほうれい線・フェイスライン・口角などの顔のたるみは、加齢による顔の筋肉の弛緩が主な原因です。頬の筋肉も体の筋肉と同様に使わないと衰えてしまいます。頬の筋肉は皮膚全体を支える土台となっており、筋肉が衰えることで皮膚が垂れ下がり、結果として老けた印象を与えます。

いつまでも若々しい印象のために、5つの顔の筋肉に着目

いつまでも若々しい印象のために、5つの顔の筋肉に着目

FACIAL FITNESS PAOは、この5つの顔の筋肉(表情筋)に着目。PAOによる継続的な表情筋トレーニングが、たるみ・シワ(※1)・ほうれい線(※2)を改善します。(※3)

(※1)頬部や口まわりのシワ(※2)薄くし、短くするという意味において(※3) 4〜8週間の継続的な使用による

早稲田大学にて、PAO運動が顔の筋肉を鍛えることを証明

早稲田大学にて、PAO運動が顔の筋肉を鍛えることを証明

菅原徹博士(※)の見解:表情筋に一定の負荷を与えることができるPAOを用いた運動と自発的な表情筋運動の効果を、筋電図で比較する実験をしました。適切な使用法を条件として、眠った表情筋を起こす目覚まし時計になるのではないでしょうか。※個人の見解です。

(※)菅原徹博士:早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員/早稲田大学エクステンションセンター講師/東洋大学総合情報学部非常勤講師/東洋大学工業技術研究所客員研究員

たった1回30秒・1日2回!振ることで口元を集中トレーニング

たった1回30秒・1日2回!振ることで口元を集中トレーニング

PAOは1回30秒、1日2回からの口元集中トレーニングで表情筋に効率よくアプローチ。年齢のサインが出やすい口元には「筋肉トレーニング」が必要です。毎日気軽に、PAOを使って表情筋を鍛えませんか?筋肉は、何歳からでも鍛えることができます。

口元を集中した負荷で鍛える、くわえ方を追求

口元を集中した負荷で鍛える、くわえ方を追求

効果的にくわえるポイントは「お」の口。唇だけで支えてくわえることで、バランスよく負荷がかかります。唇の厚みは上下と左右で大きく変わります。唇の厚みを考慮し、カーブの大きさを繊細に調整することで、マルチフィットを実現しました。

バランスウェイトで筋肉レベルに合わせた負荷調整が可能

バランスウェイトで筋肉レベルに合わせた負荷調整が可能

筋肉レベルにあわせ、負荷を3段階で調整できる「バランスウェイト」。常に最適の負荷量でPAO運動ができます。バランスウェイトの取り替えも簡単です。

PAO運動の3ステップ

PAO運動の3ステップ

運動の目安は、30秒×1日2回です。
ステップ1:効果的にくわえるポイントは「お」の口。唇で支えるようにくわえることでバランスよく負荷がかかります。
ステップ2:唇マウスピースの「A」の位置を唇でくわえます。「A」の位置を唇だけでくわえて支えてください。
ステップ3:PAOをくわえたまま首を縦に振り、バーを揺らすことで表情筋をトレーニングします。

  • 商品名: FACIAL FITNESS PAO(フェイシャルフィットネス パオ)

    材質

    • パオ(本体):熱可塑性エラストマー、ステンレス、ポリカーボネート+ABS樹脂

    • マウスピース:熱可塑性エラストマー

    • マウスピースケース:ポリプロピレン

    • バランスウェイト:亜鉛、ABS樹脂

    • ポーチ:ポリエステル

    サイズ

    • パオ(本体):W約540×D約65×H約35(mm)

    • マウスピース:W約43×D約36×H約40(mm)

    • マウスピースケース:W約64×D約70×H約45(mm)

    • バランスウェイト:W約61×D約2×H約10(mm)

    • ポーチ:W約118×L約600(mm)

    ご注意事項

    下記に該当する方は使用しないでください。事故が生じるおそれがあります。

    • お子様

    -ご自分で取扱説明書の内容が理解できない方

    • ご自分で意思表示ができない方。知覚障害の方

    • 身体の不自由な方

    • 心臓に障害のある方

    • 頸椎ヘルニアまたは頸椎に異常のある方

    • 手や首に痛みやしびれのある方

    • 顎関節症の方またはあごに痛みや異常のある方

    • ゴム、プラスチック製品にアレルギー反応のある方

    • ガム、飴などを口に入れた状態

    • 自動車や船舶などの運転中、乗車・乗船中

    ●次のような方は必ず医師とご相談のうえご使用ください。 事故や、肌、身体のトラブルが生じるおそれがあります。

    • 皮膚病およびアトピー性皮膚炎の方、敏感肌の方

    • 妊娠中の方や妊娠の可能性がある方、生理中の方

    • 出血性疾患などの血液異常の方

    • 顔に痛みのある方

    • 麻酔などによって感覚が異常な状態、および知覚障害の方

    • 高血圧の方

    • 首のねんざ、むちうち症の疑いのある方

    • 骨粗しょう症の方、また脊椎の骨折、肉離れなどの急性(疼痛性)疾患の方

    • リウマチ、痛風などにより関節が変形している方

    • めまい、ふらつき、耳鳴りなどの症状がある方

    • 病中、病後間もない方

    • 特定の病気をお持ちでない場合でも、高齢者や骨が弱いと思われる方

    • 過去に首やあごを痛めたことがある方

    • 歯科治療中、または入れ歯をご使用中の方

    • その他、医療機関で治療中の方

    ●次のような場合は使用しないでください。 事故や肌・身体のトラブルが生じるおそれがあります。

    • 体調がすぐれない場合

    • 上記以外に異常を感じている場合

    • 頭痛のある場合

    ●次のような方は必ず医師とご相談のうえご使用ください。事故や肌・身体のトラブルが生じるおそれがあります。

    • 歯列矯正中の方

    • 唇や口腔内に傷のある方

    • 飲酒、薬を服用中の場合や疲労の激しい場合

    • 皮膚炎、過度の日焼けなど、皮膚に異常のある場合

    • 顔に金属・プラスチック・シリコンなどを埋め込んでいる、または差し込んでいる場合

    • 花粉症や鼻づまりの症状のある場合

    ●下記のことを守らないと、事故や破損、ケガの原因になるおそれがあります。
    【使用前】

    • 用途以外の使用や、取扱説明書の使用方法以外の使い方をしないでください。

    • ラップ等で製品を巻いた状態では使用しないでください。

    • 付属のマウスピース以外の物でくわえる部分を代用しないでください。

    • 飲酒後に使用しないでください。

    • ペットへのご使用はお止めください。

    • 本体やウェイトを口にいれないでください。特に小さなお子様があやまって口に入れてしまわないよう、ご注意ください。

    【使用中】

    • 使いはじめは長時間使用しないでください。

    • 本品をくわえたまま移動しないでください。

    • 本品が破損した状態で使用しないでください。

    • 浴室でのご使用はおやめください。

    【使用後・長期保管】

    • 直射日光が当たる場所や暖房器具の周囲、車の中など高温になる所で使用したり保管しないでください。

    • お子様のご使用はおやめください。また、お子様が本品の上や周りで遊ばないよう十分ご注意ください。


    メーカー:  株式会社MTG