固まらずに美味しく!お弁当でパスタを楽しむ3Tips

FiNCモールの料理アンバサダー・まいちくさんに、お弁当でパスタを美味しく食べるためのTipsを教えていただきました! FiNCモールの「アルチェネロ オーガニックイタリアンパスタセット」「ZENPASTA(ゼンパスタ) ペンネ」を使ったレシピもご紹介!

みんな大好きパスタ。
パスタを作るのは手軽だけれど、お弁当に使うのは難しい…。
働きながらも、作り置きを駆使して作る素敵なお弁当が人気のインスタグラマー・まいちくさんに、お弁当にパスタを活用する方法を教えていただきました!

1. 油分を絡ませる

パスタの難しいところは、冷えると固まってしまうこと。
電子レンジがある環境だったら食べる直前に温めれば良いけれど、公立の学校では電子レンジが使えないことがほとんど。
食べるときに固まることを防ぐために、味付けのタイミングでオリーブオイルをたっぷりと含ませる方法がおすすめです。

2. サラダのような一口サイズにする

お弁当には一口サイズで入れるのがおすすめ。彩りもよくなるし、簡単に一品増えます!カップにいれても◎

f62-1

3. パスタの種類によって味付けを変える

手持ちのパスタの種類によって、お弁当でも美味しく食べられる味付けを知っておきましょう!飽きずに楽しめます。

  • マカロニ→サラダやグラタン
  • 細麺→冷製パスタ
  • スパゲッティ→ナポリタン
  • ペンネ→ミートソース

ポイント:お肉の下茹で

ナポリタンとミートソースのポイントはお肉の下茹で!
ひき肉は一度湯がくと、余分な脂が抜けて固まりにくくなってお弁当でも美味しく食べられます。
湯がく手間を省きたいなら、油分の少ない鶏のひき肉を使うのもおすすめ。

ポイント:流水で洗う

冷製パスタは茹であげたパスタは流水でしっかり洗って、水切り後にオイルコーティングしてから調理を。
この工程をしておくと冷蔵庫でしっかり冷やしてもくっ付かずに美味しく食べられます。

上記5品のうち、本記事ではマカロニサラダとマカロニグラタンのアレンジレシピをご紹介します!

たくさん作って常備菜にも!定番のマカロニサラダの作り方

f62-2

■マカロニサラダ 4人分

【材料】
マカロニ…1/2袋
ハム…4枚
胡瓜…1本
玉ねぎ…1/2個
オリーブオイル…大さじ1
マヨネーズ …大さじ5〜6
塩…少々
胡椒…少々

【作り方】
①マカロニを茹でる
②茹で上がったらザルに取って水気を切り、オリーブオイルをかけ全体に馴染ませる
③玉ねぎ、胡瓜はスライサーで薄切りにしボウルに入れて塩を少々かけ、5分ほどおきしんなりさせる
④③を水洗いしてからしっかり絞って水気を切る。ハムは細切りにする
⑤ボウルに②④を入れマヨネーズで和え、塩・胡椒で調味して出来上がり

レシピで使った商品はこちら

こんにゃくペンネのカレーグラタン

f62-3

「ZENPASTA PENNE」は、低カロリーなこんにゃくペンネです。

■こんにゃくペンネのカレーグラタン 2人分

<材料>
ZENPASTA PENNE…1袋
100kcalマイサイズ欧風カレー…1人前
オリーブオイル…小さじ2
とろけるチーズ…お好み量
パセリ(ドライでも可)…お好み量

<作り方>
①ペンネを沸騰したお湯(分量外)で指定の時間茹でる。お湯をきってオリーブオイルをかけておく
②カレーを温め①のペンネにかけ混ぜる
③②を耐熱容器に入れ、チーズをのせてから、焼き目がつくまでトースターで焼く
④付け合わせにサラダや果物を添える

「ZENPASTA PENNE」は1人前の使い切りサイズですが、食べ応えのある量なので半量でも満腹感が期待できます。

また今回はカレーで仕上げましたが、パスタに和える様々なソースで代用できるので、色々な味で試してみてくださいね。

レシピで使った商品はこちら

まいちくさんプロフィール

f62-4

作り置きを駆使した詰めるだけオベンター。季節の地場野菜の作り置きと娘達のお弁当の記録をしてます。ごはんは身体の栄養、おやつは心の栄養と考えて手作りを心掛けています。 最近 、ゆるロカボ生活をスタートしました。 掲載書籍 【デリスタグラマーのわんぱくサンド】扶桑社 【わたしたちの『作り置き』】【わたしたちの『作り置き献立』】共にマイナビ出版

まいちくさんInstagramは こちら

この記事で紹介した商品