Product Visual

毎日食べる「ごはん」だから、美味しさと健康にこだわりませんか?

お米の種類と特徴をご紹介します。 玄米と発芽玄米の違いや、お米の種類など、野菜や魚を選ぶように、自分や家族に合ったお米を選んでみませんか?是非、お米選びの参考にしてみて下さい。

日々の食事に欠かせない「お米」。
最近は健康ブームも手伝い、「雑穀米」や「玄米」を取り入れている方も増えていますよね!
今回は、日本人のソウルフードである「お米」の種類と栄養価についてご紹介します。

お米の種類と特徴


お米は加工方法により、「精白米」「玄米」「発芽玄米」「分づき米」「無洗米」などに分類されます。

白米

玄米から糠、胚芽を取り除いた胚乳の部分を指します。
日本人の食生活においては、最も一般的なお米です。
<特徴>
ふっくらモチモチとした食感が特徴です。糠と胚芽を取り除いているため、でんぷん以外のビタミンやミネラルの多くが除去されていますが、食味の良さが魅力です。

玄米

稲の果実である籾(もみ)から籾殻(もみがら)を取り除いた状態の、精米する前のお米です。
<特徴>
白米と比べて、ビタミン、ミネラル、食物繊維を含み、栄養価の高さから近年再注目されています。食味は、糠や胚芽が残っているため堅く粘りに欠けます。

発芽玄米

生きて芽を出した玄米。発芽した玄米のことを「発芽玄米」と言います。
玄米を約1~2日間、水に浸けておくことで発芽し、通常の玄米よりも栄養価が高いことから注目を集めています。
<特徴>
浸水している分、糠も柔らかくなるため食べやすくなります。また発芽させることにより、玄米以上に栄養豊富になります。血圧降下や中性脂肪の吸収を抑制、ストレスの軽減も期待される栄養素「ギャバ(GABA)」は、玄米の約3倍、白米の約10倍も含まれています。

分つき米

玄米から糠と胚芽を一定取り除いた、玄米と白米の中間のお米です。精米度合いにより、3分、5分、7分づき米といいます。いわば玄米の栄養価と白米の美味しさを、好みに応じて調整できるお米と言えます。
<特徴>
精米度合いにより、食味も糠の残り具合も変わります。自分好みの味を探してみるのもオススメですよ!

無洗米

研ぎ洗いの必要がなく、そのまま水を加えて炊くことのできるお米です。
玄米を精米した白米の表面には、肌糠と呼ばれる粘りけのある糠が残っています。
精白米は炊飯前にこの肌糠を洗い流しますが、無洗米は既に肌糠も取り除かれたお米を指します。

最近人気の雑穀米とは?

雑穀米

雑穀米は主に玄米、粟(アワ)、黍(キビ)、もち麦、押し麦、アマランサスなどを白米に混ぜ込んだものを指します。
お米の種類ではありませんが、炊飯器に混ぜて炊くだけ!ととても簡単に栄養価を上げられるので、大変人気で様々な種類のものが販売されています。

FiNCモールオススメの健康米5選!

健康に良いお米で特にオススメの、金賞米・玄米・大麦ごはん・こんにゃく米の5種類の魅力についてご紹介します。

「おいしさ」と「栄養」のいいとこどり「金賞健康米」

毎日食べるものだから、「おいしさ」も「栄養」も譲れないですよね。
玄米は食べにくいけど、玄米の栄養は欲しい!
そんな希望を叶える商品が「健康金賞米 ゆめぴりか」です。
近畿大学農学部との共同研究により、従来では除去されてきた胚芽周辺の栄養成分を残した精米方法を開発!白米のような食味を保ちながら、栄養価も残したお米です。

栄養たっぷりの胚芽つき「玄米好きのための玄米 金のいぶき」


玄米好きな方はもちろん、白米しか食べなかった方にもオススメの玄米。作付けがとても少ない超希少品種で、玄米好きのために生まれたといっても過言ではない「プレミアム玄米」です。「玄米 金のいぶき」は、栄養の宝庫である胚芽が通常の約3倍もあり、通常の玄米よりもモチモチとした食感なため、リピーターの多い玄米ですよ。

食物繊維が豊富な「大麦生活」


「大麦ごはん」は、大麦β-グルカンをたっぷり含んだもち麦(※原料穀米中にもち麦58%使用)が特徴のお米。
大麦β-グルカンは水溶性の食物繊維で、精白米に比べて食物繊維が約10倍含まれています。
レトルト食品なので、時間のないときもすぐに食べられ大変便利!味も2種類あり、もち麦のもっちりした食感がクセになる美味しさですよ。

カロリー・糖質を抑えたい人には「こんにゃく米 粒こんきらり」


「こんにゃく米」は、名前の通りこんにゃくを原料にしたお米です。
「乾燥粒こんにゃく 粒こんきらり」は、インドネシア自生種の「ムカゴこんにゃく芋」を原料にしており、安全で低カロリー・低糖質なのが特徴です。食べやすく、料理のアレンジも利きますので、ダイエット中にもオススメです!

いかがでしたか?
美味しく、健康に。毎日の「お米」も、お魚や野菜を選ぶのと同じように、自分や家族に合わせたものを選んでみませんか?