Product Visual

ドイツ生まれの認証ナチュラル化粧品ブランド「Dr.ハウシュカ」

最近、食品や生活用品でオーガニックと名の付く製品をよく見かけませんか? 健康意識の高まりから自然由来で人や環境にやさしいオーガニック製品に人気が集まっているようです。中でも、スキンケアやヘアケアなどお肌に直接触れるものには特に気を配りたいですよね。そこで、オススメしたいのがドイツの認証ナチュラル化粧品ブランド"Dr.ハウシュカ"。今回はDr.ハウシュカの魅力についてご紹介します!

原料にこだわり、自然に寄り添うライフスタイルを提案

Dr.ハウシュカはドイツ生まれの認証ナチュラル化粧品ブランドです。1935年、Dr.ハウシュカの前身となる自然原料を使用した医薬品メーカーWALA Medicinesが誕生しました。

創設者であるルドルフ・ハウシュカ博士は、"肌の健やかさを保つことは、身体の健康を保つためにも欠かせない"という想いから、何年もの間スキンケア製品の開発をしたいと考えていました。そんなとき、美容家エリザベート・ジークムントに出会いスキンケア製品の開発をスタート。

1967年、遂に最初の製品が販売されDr.ハウシュカが誕生しました。2017年には生誕50周年を迎え、創業時の精神を忘れることなく現在も革新的な製品を作り続けています。

自然と調和した製品づくり

Dr.ハウシュカの製品は全て自然由来の成分で作られています。中でも特徴的なのは「バイオダイナミック農法」と「リズム製法」。一体どんなものなのでしょうか?

植物が本来持つ力を引き出す「バイオダイナミック農法」

バイオダイナミック農法とは哲学者のルドルフ・シュタイナーが人智学の考えに基づいて作り上げた、農薬や化学肥料を使わない有機農法です。植物が本来持つ力を引き出すことをコンセプトに、「人と自然のハーモニー」そして「生命のリズム」を大切にして育てられています。

太陽や月の満ち欠け、天体の動きなどを反映して作られた"天体カレンダー"の暦を利用して種まきや収穫などを行います。種まきや収穫など、全ての工程は手作業で行われています。

Dr.ハウシュカを製造するWALA社の自社農園では、約150種類の植物を育てており、化粧品の原料として使用しています。

常温保存できる秘密は…合成成分や薬品を使用しないで植物エキスを抽出する「リズム製法」

Dr.ハウシュカで原料として使用されている植物エッセンスは、アルコールや保存料不使用で常温での長期保存が可能です。その秘密はハウシュカ博士が考案した"リズム製法"にあります。

大きな特徴は、水のみで植物エッセンスを抽出できるということ。開発にあたり、ハウシュカ博士は、シュタイナー博士から「命にはリズムがある。リズムを研究しなさい」という助言を受けました。その言葉をもとに自然界のリズムを取り入れた研究を重ね、植物のエネルギーを存分に生かすリズム製法が完成しました。

こうして50年以上にわたり培ってきたノウハウは他に類を見ず、信頼できるナチュラル化粧品ブランドとして世界45カ国以上で親しまれています。

肌のコンディションに合わせたアイテム選び

Dr.ハウシュカでは、肌質ではなく肌のコンディションに合わせたケアを提唱しています。季節の変わり目、ターンオーバーの乱れ、ホルモンバランスの不調などお肌の悩みは時々によって変わりますよね。

FiNC MALLでは、様々なDr.ハウシュカのアイテムを取り揃えていますのでご自身にぴったりなものをぜひ探してみてくださいね!

写真提供:株式会社大山